トップページ製品タオル浄肌衣ボディタオル(生成り)

カテゴリー : タオル

浄肌衣ボディタオル(生成り)

販売価格

6,480円(税480円)

種類
購入数

  • お客さまの声
  • この商品について問い合わせる
  • この商品を友達に教える

せっけん無しで体を綺麗にできる絹100パーセントのタオルです。

この度新たに草木染めをする前の生成りの状態で販売する事になりました。

地入れの具合で収縮度合が異なる場合が有り仕上がりサイズが小さくなる事が有ります。

要尺はいままでの草木染定番タオルのサイズと同じ43×110cmです。

アトピーなどお肌の弱い方にもおすすめです。

口コミで伝わる商品の良さを是非お試しいただければと思います。


【ややソフト】
丈夫に織られた超ハード生地を精練し、柔らかくしました。赤ちゃんやお肌の弱い方用です。
お顔専用にという方も、このタイプがオススメです。

【ハード】
普通肌の方で初めてお試しいただく場合や、ほど良いザラザラ感がお好みの方もこちらをどうぞ。

【超ハード】
スタッフオススメはこの超バードタイプ。ハード7番生地より縦横の糸が太く生地厚で少し堅めで、その分丈夫で長持ち。このハリがある風合いでやさーしくなでる様に洗うのが、なんともいえない気持ちよさです。もちろんスタッフは皆、超ハード愛用です。

≫浄肌衣タオルの上手な使い方

【価格表】

生成り 白 生成り 白 生成り 白
ややソフト 6,480円 6,480円 6,480円
ハード 6,480円 6,480円 6,480円
超ハード 6,480円 6,480円 6,480円

※金額は全て税込です。

健康をテーマに創られた浄肌衣(じょうきい)は、伝統の西陣御召織技法にて織られています。横糸に織り込んだ強撚糸が水に濡れると撚りを戻そうとする性質により、凹凸ある独特の風合いを出しています。素材は長繊維のシルク100%。なかでも上質国産繭を中心とし、製糸から撚糸、染め、縫製にいたる全50工程は、延べ3ヶ月間、職人達の手作業だけにこだわって創っています。

お客さまの声

「浄肌衣タオル」を使って、9年目になります。アトピー性皮膚炎で苦しんでいた私は医療やクスリに頼るだけでなく、生活環境にも最大限配慮しなくてはならないことに気付き、様々なことを調べていく中で、知人から「浄肌衣ボディタオル」を紹介されたのがそもそものきっかけです。
「浄肌衣タオル」を使って、9年目になります。アトピー性皮膚炎で苦しんでいた私は医療やクスリに頼るだけでなく、生活環境にも最大限配慮しなくてはならないことに気付き、様々なことを調べていく中で、知人から「浄肌衣ボディタオル」を紹介されたのがそもそものきっかけです。
何よりも使い心地が素晴らしい、最初に使った時の感想です。綿や麻にはない絹の優しさとしなやかな強さ。その心地よさに爽快な気分を覚えたことを今でも鮮明に覚えています。それからすっかりファンになり今日に至ります。

一本買って、大切に使えば長く使える。そして、石鹸を使わなくても小気味よく汚れが落ちていく。化学繊維のような痛さやえぐさがなく、敏感な肌の私は重宝しています。パッと見の値段は確かに高く感じるけれども、自然派石鹸を買わなくても十分なので実は経済的。
ちなみに私には「ハード」がフィットします。絹の優しさをいつも感じています。
一切のクスリや医療機関に頼ることをやめ、自分の治癒力だけでアトピー性皮膚炎と向きあい始めて今年で7年目になります。さまざまな困難がありつつも、いまは無投薬・無医療で普通に仕事ができるようになっています。
イチロー選手は「野球が上手くなりたかったら、バットやグラブなどの道具を大切にすること」といつも話します。
人生を生きる上での道具は体だから、それに使うものには最大限の投資をしたい。これまでたくさんの薬剤を塗り込むことで苦労をかけてしまった体。だから感謝の気持ちを込めて、体が喜ぶ「浄肌衣ボディタオル」をこれからも使い続けます。
そして、気持ち良く使うことが国産の絹を守ることに繋がっているなんてステキなことだと思います。
塩野屋さん、これからも宜しくお願いします。そして素晴らしい絹を編み続けてくださいね。応援しています!
お客さまの声
磯野正弥様
(神奈川県/38歳)
≫その他のお客様の声はこちら

商品検索

Recommend

  • 織物のトレーサビリティー 〜顔の見えるものづくり〜
  • 桑の木オーナーズ倶楽部 国産の繭&絹製品づくりの応援団を募集中!
  • 本シボ柳条縮緬のレンタル着物

お買い物の手引き

ご注文の手引き


※お支払い方法など詳細は、特定商取引に関する法律に基づく表記をご確認ください。
※9月より、商品のご注文から発送まで約1週間程お時間をいただくことになります。大変申し訳ございませんが、予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

このページの先頭へ